FC2ブログ
  1. レンタルサーバー

このサイトの説明ですよ

読んだ本・コミックやアニメの感想書くよっ!



読んだ本・コミックやアニメの感想書くよっ!に対しての注意書き及び、管理人Falmieu(ファルミーユ)からのお願いがあるので必ず目を通してくださいね<(_ _)>

【ブログの説明】←ぜひここをクリックしてみてね♪
【お願いと注意】←ぜひここをクリックしてみてね♪

では、管理人Falmieu(ファルミーユ)のつたない日記をどうぞお楽しみください(^^)
レッドストーンの情報を求めて検索エンジンでいらした方は「お知らせ」の記事を読んでください<(_ _)>

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加中!押してくれると喜びます
投票してね
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ヱヴァンゲリオン新劇場版「破」あすかああああ

2009.10.10(20:55)
10/4にヱヴァンゲリオン新劇場版 破 を見てきました!
沖縄での上映日程が決まった時は、初日に絶対見に行こう!と
思っていたのに3日当日はすっかり忘れてて「あ、今日だった」と思い出して
その翌日見に行って来ました

上映開始後は大抵混むものですが、やはり混んでました
しかも整理券配ってましたし
結構地元でも見に来る人いるんですね~
当日は雨で大変でしたけど、見に行ってよかったです

簡単に感想を書くと
前半:楽しそうな人がいる!後ほのぼの
中盤:なにこれ?ひどい!!!(><)
終盤:うおおおぉ!シンジいぃ~~~!!
予告:よかった・・・よかったよぉ

とまあこんな感じになっています
細かい感想は続きにて

ネタバレ注意です


















 冒頭、いきなり新型ヱヴァと新キャラ「真希波・マリ・イラストリアス」が登場
4本足??のヱヴァを操りながら楽しそうに365歩のマーチを歌っておられました
なんていうか楽しそうに乗ってます
「痛いけど楽しいからいぃ!」とか叫んでました
画面が暗くて見づらかったけど、4本足ヱヴァもなかなかおもしろかった
そういえば真希波は加持さんとも顔見知りっぽいですね
冒頭で会話通信でお話してたようだし



で、ゲンドウとシンジ二人でお墓参り
TVではすでにアスカが登場した後のEpisodeだったような??
もうアスカ日本に来てるんだっけ??と思ったら
アスカ登場しました!
TVでは軍艦とともにでしたが、映画では空からダイビング
これまた新作画な新しい使途(幾何学模様っぽかった)を
最後はキックでしとめます
やっぱりアスカは"足”だよな~と
当然ミサトさんちでアスカも同居!の流れなんですが
理由は普通にミサトさんが引き取っただけっていうか
双子の使徒のエピソードがなかったのでシンクロ訓練の理由は消えてましたね



そこからは、ちょこっと日常パート
シンジがアスカやミサトさんに弁当作ってあげたり
その弁当を綾波にもあげたり
みんなでお弁当もちよって食べてたり
シンジって料理上手なイメージがあったんですが
大抵ファンサイトの小説でそのイメージがついたような気がするんですが
TVシリーズでも料理上手な描写ってありましたっけ??
料理してるシーンなかったような記憶なんですが・・・・(’’)

そのシンジに影響されたというか、まあ気になった男の子のシンジの気をひきたいという
気持ちで、アスカと綾波が料理なんぞ始めたり
なんていうか可愛らしいですこの子たち
綾波なんかはゲンドウにシンジと一緒に食事をしないかと提案したり、
さらに二人を仲直りさせるためにみんなで食事会を計画したりします
健気です。
彼女ここまでシンジのためにがんばってます



そんな中、4号機とその支部の消滅の話が・・・・
アイスを買い食いしてる途中で、やっぱり相田くんが「ヱヴァパイロットにしてくんないかな」とか言ったりしますが・・・無理ですね
ここのシーントウジが食べてたアイス絶対「あたり」だと思ったのにはずれでした(’’)
で、問題の三号機の実験パイロットどうなるのかな~と思ったら
アスカでした
その実験の日ってのがレイが企画した食事会とかぶってたらしく
レイとシンジが参加できるようにアスカが自分から志願したっぽい・・・・
えーえーってことはあの悲劇をアスカでやるのか・・・
そしてトウジは妹の退院で嬉しそうに妹にほおずりしてました
妹さん可愛かった(’’*)

で、三号機実験当日
(その前に二号機は凍結
バチカン条約とかで各国で保有できるヱヴァの数が決まってるとか
ってこの設定始めて・・・ですよね
二号機凍結にはアスカもちょっと不満そうでしたが、
三号機の実験当日には「三号機、気に入ったら赤く塗ってよね」とのこと
なんていうか二号機そのものにはこだわってない様子)

レイからのありがとうの伝言(シンジに続いて二人目のありがとう)
秘密回線でのミサトとの会話
「私こんな風に笑えるんだ」

あああ、死亡フラグびんびんです(TT)
エントリースタート
「え?」の声とともになんか聞こえる女の子らしき笑い声
そして暴走

ここ・・・ひどかったです
何がひどかったかっていうとBGM
「今日の日はさようなら」という曲
ダミーブラグの初号機にぼろぼろにされる三号機のバックで
少女の歌声で「いつまでも友達でいよう」とか
「今日の日はさようならまた会う日まで」とか流れたら
その心理的ダメージ半端ないです!
心の中で「ひどいひどい」と絶叫しながらみてました・・・
ラスト付近までアスカ・・・無事だよねと無事でいるよねと祈ってました
と、同時にレイとのエスカレーターでの会話でそれっぽいいのがあったのですが
アスカにヱヴァパイロットでない生き方もありかもしれない
むしろそのほうが幸せ??という思いも・・・



シンジ暴走、そしてヱヴァに乗らないことを選択
ミサト宅を出るときに、レイ企画の食事会の真相の話をするミサトが思わずシンジの手を
取ろうとするのを拒絶するかのように家を出るシンジが印象的でした

TVシリーズで初号機に食われたゼルエル登場
どうなるのかなと思ったら、なぜか凍結にあるはずの二号機が
のってたのは真希波でした
ゼルエルと対峙する真希波ですが、若干苦戦
コクピット内で立ち上がり「裏コード起動」
え?裏コード??なんだ?それ
真希波さん、目が赤くなって本人自身が暴走モード??
でもなんか理性は失ってない感じです
どっちかっていうと覚醒モードなのかな

一方初号機をダミープラグで起動させようとするゲンドウ
しかし初号機はダミープラグを拒否
ゲンドウはつぶやく「また私を拒むのかユイ」
一緒に見に行ってた友人の意見ですが
もしかしたらダミープラブってゲンドウを元にしたのではないでしょうか??
このつぶやきを深読みするとそんな気がしますね

そしてレイ
ネルフを離れるときに捨てていったシンジのDAT(ゲンドウとのつながりだったらしいと
いう設定のようです)を手に
N2地雷をもって使途ゼルエルに突撃
「もう二度と碇くんがヱヴァに乗らなくってもいいように」と
今回のレイは健気です、本当に

一人誰もいなくなったシェルターで座り込むシンジ
そこに倒れこむ真希波二号機
その二号機につかまれて避難させられるさなか
見えたのは自爆してぼろぼろになった零号機
零号機を食ってレイを同化した使徒ゼルエルさん
シンジは自分の意思で再びヱヴァに乗ることを決意

ここら辺特にシンジがかっこよかったです
ついにネルフ本部に進入したゼルエルと戦うけど、外まで連れ出したところで
内部電源が切れた
しかしレイを助けたいという一心で自身が覚醒モード発動!
ゼルエルを見事倒し、そしてゼルエルに同化されたレイに向かって
必死に手を伸ばし「綾波に代わりなんていない!来い!!綾波!!!」
この辺の挿入歌がまた翼になりたいでよい感じです
ミサトさんも「自分のために戦いなさい」とシンジに対して信頼をよせる叫びを
なんかお互いの距離が旧映画やTVよりもすっごい縮まってます

無事レイを救い出したシンジと初号機
旧映画のような感じ??で覚醒モードで空飛び立ちそうでしたが
そこでカヲルくんが月から降りてきます
「今度こそシンジくんだけでも幸せにしてあげる」
いよいよ真打?登場でED


中盤からアスカどうなるんだろうと気にしながら見てましたが
予告で眼帯して赤いプラグスーツ着たアスカが不適に微笑んでるカットが
一番最後に出てたのでよかったあああと心から思いました
後ろで見てた見知らぬ女の子も同じようなことつぶやいてました

なんにしてもこの感じ、
ラストもなかなか期待できそうです
油断はしませんが(笑)



ブログランキングに参加中!押してくれると喜びます
投票してね

| ホームへ | こちらも映画化?!いややったらいいなと思ってたけど本当ですかぁ??!!>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://falmieu.blog37.fc2.com/tb.php/193-dc34b67b
| ホームへ |
ヘタリア Axis Powers


ヘタリア Axis Powers応援してます ヴェー(’’*)

カテゴリー

ブログ内検索

カウンター&ランキング

↓現在の閲覧者数:
投票してね
人気blogランキングへ

ブログランキングに参加
気に入ったら押してね♪



ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。